読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hotoolong's blog

Railsやvimや気になったことを綴ってます

fishシェルでnvmをインストールするときにはomfで

fish install

あっと言う間に4月ですね。 ブログに書いてなかったのですが、転職しまして4月からスタートアップ企業で働くことになりました。 最近すこし怠けてるので、新しい会社で少し不安です。

それはさておき、 fishシェルにして初めてnvm をインストールして少しハマったので備忘録に brew で インストールできるので インストールしたのですが、 brew install nvmすると

You should create NVM's working directory if it doesn't exist:

  mkdir ~/.nvm

Add the following to ~/.config/fish/config.fish or your desired shell
configuration file:

  export NVM_DIR="$HOME/.nvm"
  . "/usr/local/opt/nvm/nvm.sh"

You can set $NVM_DIR to any location, but leaving it unchanged from
/usr/local/opt/nvm will destroy any nvm-installed Node installations
upon upgrade/reinstall.

Type `nvm help` for further information.

と情報が出ますね。これはbrew info nvm と同じなのですが、 そのまま設定すると nvm.shの読み込みでコケてしまいます。 まぁfishなので当たり前ですね。

そこで omf install nvm してあげると

nvm をラップしたfishを作ってくれます。 omfインストール時に foreign-env が入っているのですが この子がfenv コマンドになっていて、shを変換してくれるようです。 便利ですね。

内部で

fenv source $nvm_prefix/nvm.sh\; nvm $argv

と呼び出しているます。

無事読み込まれるとnvmがうまく動きました。 いいですね。