読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hotoolong's blog

Railsやvimや気になったことを綴ってます

思考の整理学

以前TVで紹介されていて気になったので、
読み始めたが、これを読んでいて結構耳の痛い話があったり、
考えさせられる点があったりで、結構な時間をかけてよみました。
ちゃんと読めば1日ぐらいで読んでしまってもいいかも。。


1986年に発行となっているので、24年前ということになりますが、、
とても24年前に書かれているとは思えない。
というのも、出てくる物がテレビがどうとかあったり、
時代を感じる箇所もあるんですけど、応用の効く内容でかかれているので、
今取り上げられていてもふむふむと納得行くものになってます。


物事を考えるという点で、

  • 比較
  • 逆説
  • 入れ換える
  • 混ぜる

などなど(私の勝手な解釈です。。)
新しい考えを浮かべるにはどうするのがいいかとか


セレンディピティという単語もこの本で初めて知った。
私もかなりセレンディピティが多すぎが難点なような気もする。。
というような考えていく中での脱線の効果など、


つんどく法もかなり参考になる。。
というか、もともと読書が好きな方ではなく、
本をよむようになったのも社会人になってから、、
これの方法を使う日もやってくるのだろうか。。
1ヶ月で10冊ほど購入という経験はあるが、、
10冊読むというのはまだないので、今後読む機会を増やしていかねば。。
Twitterばかりやってる場合か。(^-^;)


すてるということについて
今でも十分通用する内容ですね。
GoogleReaderの中身も全部読む必要ないですね。必要なければ捨てましょう。


ブレストも一般的になってきてる感がありあますが、
これも取り上げられてますね。


思うと考えるの違いとか
まぁいろいろ参考になりました。


読んで損はないですね。

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)